50歳からはじめる暮らしセカンドライフ・スケール
50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノートアイコン50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン
noteP6-7

50歳からの暮しのガイド「生きがいと脳」

暮らしのなかでできる
「脳」のアンチエイジング術-1

監修:築山節/脳外科医 北品川クリニック所長


若さを保つ10の心得 その4

朝食を食べ、散歩などの全身運動で血流をよくする

 起きてすぐに仕事をしたくても、寝起きの頭はボーッとしています。脳も体の一部ですから、効率よく使うには、血液を十分に巡らせることが必要です。

 脳神経の活動に必要なものは、酸素とブドウ糖です。酸素とブドウ糖を脳に供給するために、朝食をきちんと採り、散歩などをして全身を動かしましょう。全身の筋肉をバランスよく使うことで、脳もバランスをとることができ、脳内の血流も良くなります。

 脳の活動が停滞している人は、視線が動かなくなる傾向があります。しかし、風景を見ながら散歩をすることで、自然に視線を動かすことができます。





ライフプラン

素敵に生きるロードマップ

マイ・ライフビジョン
書き込みサンプル/書き込みシート

もしものときのノート

万一のときに役立つノート
わが家の防災計画暮らしの情報管理
書き込みサンプル、書き込みシート
TOP▲