50歳からはじめる暮らしのリ・デザインスケール
セキスイハイム home | ライブウェルノートについて | ライフビジョン | 備えノート | ダウンロードサービス | お問合せ




LiveWell50 Navigator
50歳からの暮らし 基礎知識と知っておきたい用語

介護の用語集
知っておきたい用語
50歳からの介護

50歳からの備え/介護


 アセスメント(あせすめんと)

アセスメントは、「評価」「査定」として用いられることが多いが、介護福祉におけるアセスメントは「事前評価」のことを指す。
介護サービス利用者の身体・認知の状況、利用者が何を求めているのかを事前に把握、確認し、どのような介護サービスが必要なのか、課題を分析して整理すること。

ケアマネージャーが行うケアプランの作成など、今後のケアに必要な見通しや方針をたてるために行われる。


<モニタリング>
介護サービスが適切か否かの評価は「モニタリング」と呼ばれる。モニタリングは定期的に実施され、利用者の状況の変化に合わせて「アセスメント」し、必要に応じてプランの作成を行う。


参考:セキスイハイム「住まいと暮らしの健康学」



<<「介護」用語集に戻る







50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノート
ライブウェル ノートについて

・ノートの内容
・使い方や入手方法について



【Web】マーク・コンテンツの一覧




これからを素敵に生きるロードマップ
マイ・ライフビジョン

書き込みサンプル、シートのダウンロード


万一のときの対応をまとめておく
わが家の防災計画暮らしの情報管理

書き込みサンプル、シートのダウンロード


Copyright(C)2014- LiveWell50 Project All rights reserved.| サイトマップ | サイトのご利用について | お問合せ