50歳からはじめる暮らしのリ・デザインスケール
セキスイハイム home | ライブウェルノートについて | ライフビジョン | 備えノート | ダウンロードサービス | お問合せ




LiveWell50 Navigator
50歳からの暮らし 基礎知識と知っておきたい用語

介護の用語集
知っておきたい <高齢期の住まいと介護施設>
50歳からの介護

50歳からの備え/介護


 介護療養型老人保健施設(かいごようりょうがたろうじんほけんしせつ)

新型老健(しんがたろうけん)と呼ばれ、病気や認知症などで長期の療養が必要な人に、充実した高齢者医療・看護やリハビリテーション、介護サービスなどを提供する施設。
厚生労働省が推進する療養病床再編の一環として、2008年5月に新設された老人保健施設。

居住地域にどのような施設があるかは、「地域包括支援センター」か市区町村の福祉担当窓口に問い合わせる。

<新型老健 新設の背景>
厚労省は医療費の抑制や、家庭の事情で高齢者が病院にとどまることを解消するために、介護保険が適用される介護型療養病床の全廃や、医療型療養病床の大幅削減の方針を打ち出しているが、従来の老健では医療必要度の高い患者の受け入れが難しく、適切な介護を受けられない高齢者の急増している。

新型老健は従来の老健よりも医療機能を強化したもので、廃止・削減される療養病床の転換先として位置づけられている。


参考:セキスイハイム「住まいと暮らしの健康学」



<<「介護」用語集に戻る







50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノート
ライブウェル ノートについて

・ノートの内容
・使い方や入手方法について



【Web】マーク・コンテンツの一覧




これからを素敵に生きるロードマップ
マイ・ライフビジョン

書き込みサンプル、シートのダウンロード


万一のときの対応をまとめておく
わが家の防災計画暮らしの情報管理

書き込みサンプル、シートのダウンロード


Copyright(C)2014- LiveWell50 Project All rights reserved.| サイトマップ | サイトのご利用について | お問合せ