50歳からはじめる暮らしのリ・デザインスケール
セキスイハイム home | ライブウェルノートについて | ライフビジョン | 備えノート | ダウンロードサービス | お問合せ




LiveWell50 Navigator
50歳からの暮らし 基礎知識と知っておきたい用語

介護の用語集
知っておきたい <高齢期の住まいと介護施設>
50歳からの介護

50歳からの備え/介護


 ケアハウス(けあはうす)

60歳以上で、家庭の事情や身体機能の低下により自炊できないなど、自宅で自立して生活できない方が入居できる社会福祉法が定める*軽費老人ホームの1つ。
入居した後に介護が必要になった場合は、在宅と同じように訪問介護を受けることができるが、要介護度が高くなった場合には施設を出なければならない。

「介護型ケアハウス」と呼ばれる介護保険の特定施設(特定施設入居者生活介護)に指定されている施設では、重度の要介護状態になっても住み続けることができる。
利用対象者は、65歳以上で要介護1以上の認定を受けていることが条件。

※軽費老人ホーム
入居条件に所得制限のあるA型、B型と所得制限がないC型(ケアハウス)の3タイプがある。

参考:セキスイハイム「住まいと暮らしの健康学」


関連情報サイト
特定施設入居者生活介護 独立行政法人福祉医療機構

<<「介護」用語集に戻る







50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノート
ライブウェル ノートについて

・ノートの内容
・使い方や入手方法について



【Web】マーク・コンテンツの一覧




これからを素敵に生きるロードマップ
マイ・ライフビジョン

書き込みサンプル、シートのダウンロード


万一のときの対応をまとめておく
わが家の防災計画暮らしの情報管理

書き込みサンプル、シートのダウンロード


Copyright(C)2014- LiveWell50 Project All rights reserved.| サイトマップ | サイトのご利用について | お問合せ