50歳からはじめる暮らしのリ・デザインスケール
セキスイハイム home | ライブウェルノートについて | ライフビジョン | 備えノート | ダウンロードサービス | お問合せ




LiveWell50 Navigator
50歳からの暮らし 基礎知識と知っておきたい用語

住まいの用語集
知っておきたい用語
50歳からの住まいの選択

50歳からの住まい


 介護動線(かいごどうせん)

介護のために、家族や介護スタッフが家の中で動くときの道筋のこと。
介護される本人が動きやすい、使いやすいことを基本に、玄関、寝室、トイレ、浴室、廊下などを計画的に配置することで、介護サービスを受けやすく家族も世話がしやすい動線を確保できる。日常生活での動きの道筋は「生活動線」という。

在宅での介護が考えられる高齢期の住まいでは、安心して介護サービスを受けれるスペースや動線の確保が不可欠。
家族や介護スタッフが出入りしやすい部屋の位置、部屋と隣接するトイレ、浴室の確保。それらをつなぐ車椅子でもスムーズに移動できる廊下などで、介護動線は、バリアフリーを基本とした考えで計画された安全・安心な生活動線でもある。

新築やリフォームにあたって介護動線を計画するには、高齢者や障がい者に住みやすい住環境を提案するアドバイザー「福祉住環境コーディネーター*介護用語」などに相談するとよい。

<関連用語>
介護リフォーム*介護用語


<<「住まい」用語集に戻る







50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノート
ライブウェル ノートについて

・ノートの内容
・使い方や入手方法について



【Web】マーク・コンテンツの一覧




これからを素敵に生きるロードマップ
マイ・ライフビジョン

書き込みサンプル、シートのダウンロード


万一のときの対応をまとめておく
わが家の防災計画暮らしの情報管理

書き込みサンプル、シートのダウンロード


Copyright(C)2014- LiveWell50 Project All rights reserved.| サイトマップ | サイトのご利用について | お問合せ