50歳からはじめる暮らしのリ・デザインスケール
セキスイハイム home | ライブウェルノートについて | ライフビジョン | 備えノート | ダウンロードサービス | お問合せ




LiveWell50 Navigator
50歳からの暮らし 基礎知識と知っておきたい用語

住まいの用語集
知っておきたい用語
50歳からの住まいの選択

50歳からの住まい


 省令準耐火構造(しょうれいじゅんたいかこうぞう)

建築基準法で定める準耐火構造に準じた防火性能を持つ構造の建物で、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅のこと。
2×4工法(枠組壁工法)や木質系プレハブ住宅などで、住宅金融支援機構の定める仕様に合致するか、事前に承認を得たものが対象となる。

省令準耐火構造は、内部火災に強い構造の住宅とされ、以下の特徴がある。

1.「外部からの延焼防止」もらい火の火災に備えた屋根、外壁、軒裏が耐火構造
2.「各室防火」火災が発生しても一定期間部屋から延焼させないように壁、天上に不燃材料を使用
3.「他室への延焼遅延」火災の通り道となる壁や天上の内部にファイアーストップ材を装着

<準耐火建築物>
耐火建築物以外の建築物で、主要構造部(柱や壁など)を準耐火構造としたもの、あるいはこれと同等の準耐火性能があるとして一定の技術基準に適合するもので、外壁の開口部で延焼の恐れのあるところに耐火建築物と同等の防火設備があるもの。


関連情報サイト
省令準耐火構造の住宅とは 住宅金融支援機構


<<「住まい」用語集に戻る







50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノート
ライブウェル ノートについて

・ノートの内容
・使い方や入手方法について



【Web】マーク・コンテンツの一覧




これからを素敵に生きるロードマップ
マイ・ライフビジョン

書き込みサンプル、シートのダウンロード


万一のときの対応をまとめておく
わが家の防災計画暮らしの情報管理

書き込みサンプル、シートのダウンロード


Copyright(C)2014- LiveWell50 Project All rights reserved.| サイトマップ | サイトのご利用について | お問合せ