50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン
LiveWell50 Navigator

50歳からの暮らし
「住まいの用語集」


50歳からの暮らし 50歳からの住まいの選択

50歳からの暮らしの用語集
これからの暮らしの基礎知識と知っておきたい用語

住まいの用語集
50歳からの住まいのキーワード:暮らし

加齢配慮住宅

住んでいる人が高齢になっても暮らしやすいように、前もって設計してある住まいのこと。

歳をとること「加齢」にともない、身体機能が低下し生活全体の活動量が落ちてくる。このことを前提に、体の動きが不自由になった時でも安心して生活ができるように、キッチン、トイレなど水回りの使い勝手や照明などの設備が高齢期の暮らしを想定したつくりになっているため、大規模なリフォームをする必要がない。

段差のない床、車イスでも動ける廊下や出入り口、広めのトイレや浴室、さらには手すりが取り付けられるように下地処理をした壁や廊下など、加齢配慮住宅は高齢期の暮らしにも優しいバリアフリーの住宅といえる。

住まいを加齢に配慮しておくことは、高齢期の「安全」なだけでなく、家族にとっての「安全」と「安心」にもつながる。

関連情報サイト
加齢配慮住宅 - セキスイハイム|住まいの性能


ライフプラン

素敵に生きるロードマップ

マイ・ライフビジョン
書き込みサンプル/書き込みシート

もしものときのノート

万一のときに役立つノート
わが家の防災計画暮らしの情報管理
書き込みサンプル、書き込みシート
TOP▲