50歳からはじめる暮らしセカンドライフ・スケール

50歳からの暮らしのガイド「食」によるアンチエイジング

若い頃と同じような食生活では、病気のリスクが高まる。食材の選び方やバランスの良い食事にすることで、生活習慣病や老化を防ぐこともできます。


「食」によるアンチエイジング

鈴木たね子 国際学院埼玉短期大学客員教授

鈴木たね子博士

年齢とともに身体機能が徐々に落ちるのは、生理的なことですが、困るのは病気による老化です。これを防ぐには、毎日の食生活が大切です。

50歳からの健康を維持する食事のポイントを知っておきましょう。


50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノートアイコン50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン
note P16

50歳からの賢い食事

「食」には、3つの働きがあります。

1.命を支える栄養素の補給、2.病気の予防、3.味覚の満足です。

まず、命を支えるためには、5つの栄養素が不可欠です。炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、種々の食品に含まれているミネラル。これらの5大栄養素を不足しないように摂取すること、それが健康維持の基本です。

しかし、若い頃と同じような食生活を続けていては、メタボリックシンドロームになる危険性があります。

ではどんなことに注意すればよいのでしょう。




 認知症、脳梗塞、心筋梗塞の予防に、週3回は魚を食べる

食には栄養のほか、病気や老化を防ぐ働きがあることが、科学的に証明されています。

認知症の予防EPA/DHA「食」によるアンチエイジング

魚肉の油にはEPAとDHAという脂肪酸が含まれています。肉の脂肪、植物油、牛乳、卵、野菜にはありません。多くの疫学調査によって、EPAとDHAは心筋梗塞や脳梗塞、認知症の予防になることが証明されています。

EPAとDHAを合わせて1日1g摂取するのが理想。これらの脂肪酸はサンマ、イワシ、サバ、ブリなど赤身の魚、マグロのトロ、サケ等に多く含まれています。
1回にこれらの魚の切り身一切れ(約80g)、またサンマ、イワシは大きさによりますが1〜2尾を食べるとよいでしょう。焼いたり煮たり、缶詰にしても効果は失われません。


 食事は楽しく、おいしくが大切

おいしくない料理を食べたり、不機嫌な状態で食事をすると栄養バランスのよい料理を食べても、免疫力がいちじるしく低下することがわかっています。
おいしい料理を、落ち着いた清潔なよい環境のダイニングで、楽しく食べることを心がけましょう。


 これだけは 知っておきたいマメ知識



Live Well Notebook
50歳からはじめる暮らしのリ・デザインノート

50歳からの暮らしのガイド「健康」
50歳からはじめる暮らしのリ・デザインノート ノートの内容
老化は避けられない事実、
 今やるべきことは?
男性は脳卒中、
 女性はサルコぺニアに注意
節目でライフスタイルを切り替える
健康ロードマップ




「健康ロードマップ」で、健康の行動計画を立ててみよう。
 書き込みサンプル

健康のロードマップ



50歳からの住まいの選択 50歳からの住まい

何を優先するかで違う、これからの「住まいのカタチ」

50歳からの住まい選択



LiveWell50 おすすめ関連コンテンツ



50歳からの暮らしノート 50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン ノート

50歳からはじめる暮らしのリ・デザイン

ノートについて
・ノートの内容
・使い方
・入手方法など


ライフプラン

素敵に生きるロードマップ

マイ・ライフビジョン
書き込みサンプル
書き込みシートのダウンロード

もしものときのノート

万一のときに役立つノート

わが家の防災計画暮らしの情報管理
書き込みサンプル、シートのダウンロード
TOP▲